伽耶院の伽藍・文化財




伽藍




鎮守三坂明神社


【伝慶長十五年(1610)】

重要文化財〕

三間社流(ながれ)造こけら葺の建築で、当山の鎮守三坂大明神を祀る。
 正面の虹梁
(こうりよう)蟇股(かえるまた)組物彫刻及び側面の懸魚(げぎょ)等は江戸初期の様式を示しており、建立は本堂とほぼ同時期と考えられる。





多宝塔

【正保四年(1647)】

〔重要文化財〕


小倉城主源忠真の寄進によ.って建立され、弥勧善薩を安置している。

初層は方型・平行垂木二層は円型・扇垂木、その間に白塗りの亀腹を持ち、蟇股と連子窓は彩色されている。

相輪を失っていたが昭和六十年復元した。





行者堂

【寛永8(1631)】

〔市指定文化財〕


土佐城主山内忠義による寄進。

役行者像を安置